ブログ

クラスで使用している4種類のフィンガーペイント専用絵の具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

教室で使っているフィンガーペイント専用絵の具

先日、「フィンガーペイントクラスで使っている絵の具はどのようなものですか?」と質問を頂きました。

全て、フィンガーペイント専用の安全基準をクリア―した製品を使用しています。
教室では、現在3社4種類のフィンガーペイント専用絵の具を使っていますので、ご紹介しますね。


■ペべオ pebeo フィンガーペイント タクティクルカラー(紙用)


pebeo(ペベオ)は南フランス・プロヴァンスの老舗絵具メーカー。

「地中海の温暖な自然が育み作り出す豊かな色彩」が特徴とうたわれるだけあり、
色彩の深さ、美しさを感じることができます。

私は特に「赤」「青」「黄」の三原色の美しさに魅力を感じています。

教室では、皆様に色彩の美しさを味わっていただくために、このペべオ社の絵の具を中心に使用しています。

私たちのロゴ「フィンガーペイント」も、
ペべオ社のフィンガーペイント絵の具「赤」「青」「黄」をイメージして色を選んだ程^^


■ターナー色彩 手のひら絵の具 しろくまくん(紙用)


ターナー色彩株式会社は、1946年創業以来、多彩なラインナップを揃える日本の絵の具総合メーカー。

フィンガーペイント絵の具は、他にはないさらっとした水のような使い心地です。
そのため、絵の具のニュルッとした感触が苦手!というフィンガーペイントが初めてのお子様にもオススメ。

カラーバリエーションも豊かで、こども達に人気のカラー全10色。

「指からポタポタと水滴を落とすように描くこと」ができるため、個人制作の仕上げに使われる方もいらっしゃいますよ!


■ぺんてる ゆびえのぐ(紙用)


ぺんてる株式会社は、1946年創業の日本の文具メーカ。

2015年に発売されたフィンガーペイント絵の具は、チューブの形がマヨネーズ型。
絞り口も星形にカットされていて、出てくる絵の具もマヨネーズのようにカワイイ星形♪

教室で使用している絵の具の中では、一番ぽってりとした感触で、「ぺんてるくれよん」を思わせる優しい色合い。

「直接手にのせて~!」というお子様も多い、チューブ型の絵の具です。


■ペべオ pebeo フィンガーペイント テキスタイル(布用)


南フランス・プロヴァンスの老舗絵具メーカーpebeo(ペベオ)の、布用のフィンガーペイント専用絵の具です。

布用の絵の具は、作品を乾燥させた後に、描いた裏側からドライアイロンをかけ色を定着させます。
(ドライアイロンでまんべんなく3分間以上しっかりと)
アイロン後は洗濯も可能なので、他ではできない布作品にも挑戦いただけますよ!

教室では、スタンダードカラー6色、メタリック&パールカラー6色をご用意しています。


■その他


教室では使用していないのですが、一般に販売されているものとしては

・エコ・フィンガーペイント(ポーランド生まれで、自然素材のみで作られたパウダー状の絵の具)

・ジェコ DJECO フィンガーペイント絵の具(フランス)

・SES フィンガーペイント絵の具(オランダ)

などのフィンガーペイント専用絵の具もあります。

 

教室では、フィンガーペイント専用絵の具を㎏単位の量で使っていきます!

開催のテーマによって、複数の絵の具が登場しますので、
それぞれの色味や感触、余裕があれば仕上がりも楽しみながら使ってみて下さいね。

フィンガーペイント アートクラス 最新の開催状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る