ブログ

【開催レポート】朝日新聞AnotherSchoolフィンガーペイントで彩る「冬の雪景色」:2019年1月開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。小宮山美樹です。

1月22日は、13名の皆さんと朝日新聞AnotherSchoolにてフィンガーペイント「冬の雪景色」を開催しました!

この日の会場は、中央区築地にある朝日新聞東京本社!

カーペット敷きの会議室が、

あっという間にフィンガーペイント会場へ♪

出席「は~い!」で、先生にタッチ!まずは、先生と仲良くなる時間。

みんなタッチとお返事がとっても上手でしたね^^

この日の絵本は、ふしぎなふしぎなまほうの木のお話。
みんなの協力で、お花が咲いたり、実がなったり、雪も降ってきましたよ。

心が動いてきたところで、指先や体を動かす時間です。

お花紙を使ったウォーミングアップ!ビリビリフワフワ、雪の世界を再現しましょう!

わあ!綺麗ね^^雪が降ってきたよ。

最後はオレンジ色のお花紙でくるんで、緑色の星を貼りつけると、美味しいみかんの完成!

心も体も頭も動き始めたら、いよいよ絵の具に触れる時間です。
真っ白な絵の具の感触を感じながら、ひかりの輝く美しい青空にペイント開始!

絵の具のひんやり、クニュッとした感触を楽しんで、

親子で絵の具に触れて、テンテンと雪を降らせていきましょう!

空から雪がひらひらと舞い降りる、素敵な雪景色完成しました。

絵の具に触れる練習ができたら、次は大きな大きな制作に入りましょう!

もうみんなすっかり、絵の具とお友達!手や足に自由に絵の具をつけて、思い切りフィンガーペイントを楽しみます!

心を解放して、自由に楽しむことに専念する。
これこそ、子供時代に大事な「学び」。

そして、大人も童心に返って、心を解放して楽しむこと。
そんな大人の様子をこども達が見て発見することも、大人として伝えていける大切なことだと、私は考えています。

みんなの小さな手で作った大きな大きな作品。冬の雪景色が完成しました!

集中した真剣な表情も、
楽しい!を全身で表現する姿も、
親子で心通わせ笑顔を交わす様子も、
フィンガーペイントを通して、五感が刺激され、心を解放していることがわかります。

最後は、自分だけのキャンバスに自分だけの色彩で描く個人制作の時間。

 

同じ時間に、同じ場所にいて、同じ絵の具を使ったのに、
1つとして同じものがない、個性あふれるこども達の作品。

全てが今のお子様の成長を表現する、宝物ですね。

最後はみんなで記念撮影♪

素敵な冬の雪景色が出来上がりました!

今日は、東京も雪になりましたね。
「あの日、フィンガーペイントで書いたのと同じだね」
親子で会話を楽しみながら、この日のフィンガーペイントを思い出していただけると嬉しいです。

クラス終了後に朝日新聞東京本社12階から見た築地市場跡。

次もまた、こちらでフィンガーペイントクラスを開催できる日が楽しみです。

朝日新聞東京本社で開催した朝日AnotherSchool「フィンガーペイント冬の雪景色」にご参加くださった皆様、
今回の開催をサポートしてくださった朝日新聞社 総合プロデュース室の皆様、
素敵な1日をありがとうございました!

また、皆様とフィンガーペイントできる日を楽しみにしています^^

フィンガーペイントアートクラス 最新の開催情報

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る