ブログ

こどもが描いた絵を、親が「上手い」「下手」で評価をしない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こども達が描いた絵に、親が「上手い」「下手」で評価をしないこと。

これはとても重要なことです。

個人制作は、こども達が想像力を働かせて自分だけの制作を楽しみます。
それぞれが、自分の思い描いたもの、そして心の中にあるものを形にする作業をしています。

どんな形も、どんな色も、その子だけの感性。
それには大人の評価は不要なのです。

「上手に描けたね」大人はよく言ってしまいがち。

ですが、
「お空みたいな綺麗な色に塗れたね」
「たくさんお花が書いてあるね、お花が好きなのかな。」など、
絵の評価ではなく絵を描いたこと自体を受け止め、お母さんが感じたことを素直に伝えてくださいね。

フィンガーペイントクラスが、お子様にとって、
自分の感性で思いのままに楽しめる場所になりますように^^

フィンガーペイントアートクラス 最新の開催情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る