フィンガーペイント 効果

  1. インプットよりアウトプットを!こどもが伸びる表現活動の場。

    こどもの習い事。昔と比べて、今は0歳1歳2歳から通えるものがたくさんありますね。色々なことを体験する教室、テクニックを学び、繰り返し練習する教室、色々な学びの場が存在します。

    続きを読む
  2. フィンガーペイント活動する子どもの達成感

    手や指に絵の具をつけて、自由に描く色彩活動は家でも行うことができます。ですが「大きな作品を作り上げる達成感」は、自宅では得られない、教室だからこそ!なもの。

    続きを読む
  3. 自然の変化や季節の移ろいを、ゆったりと感じる心と感性を育てましょう!

    季節感、自然を感じるテーマ。フィンガーペイントアートクラスでは、それらを大切に考えています。自然の中で遊ぶ。季節感のある暮らし。当たり前のようでいて、現代の子育て環境からは、こういったことが少しずつ失われているようにも感じています。

    続きを読む
  4. こども達の「やってみたい!」の気持ちを育む

    「お母さんは積極的に絵の具に触れ、楽しみましょう!」クラスの始めに、必ずお伝えをしているお約束です。その理由は、お母さんが楽しければ子ども達も楽しめるから。「やってごらん」と促すのではなく、お母さんもフィンガーペイントの感触を感じ、夢中になってみましょうね。

    続きを読む
  5. 元気で明るくポジティブになる「橙・オレンジ」を使ったフィンガーペイント

    「橙色・オレンジ色」あなたは、どんなイメージですか?橙は、赤と黄の中間に位置する色で、赤・黄の良いイメージを持ちあわせたビタミン色です。喜びや幸福感、親しみ、元気、明るいといったポジティブな印象を強く受ける「橙」。

    続きを読む
  6. 成長を促すカギは「おともだち」。こどもが集団の中で活動するメリットとは?

    フィンガーペイントアートクラスには、小さなお子さんが多く参加しています。同年代のこども達の中で活動するからこそ、子も、親も、発見できることがたくさんあるんですよ!こども達の成長を促すカギの1つが、この「同年代のお友達の存在」です。こども達にとってお友達の存在は大きいです。

    続きを読む
  7. 【スタッフコラム】海とフィンガーペイントの素敵な共通点

    こんにちは。小宮山です。今週から夏休み!という幼稚園が多いですね。私 :「夏休み、山と海、みんなはどっちにでかけたいかな~?」園児:「う~み~~~~!」と元気な声♪夏休み前の幼稚園での一コマです。

    続きを読む
  8. 桃色のフィンガーペイントを、大切な方への贈り物に。

    桃色・ピンク色は、柔らかい優しい印象をもつ女性的な色。 心や体に満ち足りた気分をもたらしてくれます。贈り物の包装紙やリボンには、桃色・ピンクがよく使われますね。これは、桃色が「感謝や愛」をつたえる意味を持っているからなんですよ。

    続きを読む
  9. こどもの集中力が高まる、フィンガーペイント活動。

    フィンガーペイント活動中、特に最後の個人制作時間になると、黙々と自分の制作に集中しているお子さんが増えてきます。ウォーミングアップでの絵の具との出会いに戸惑いを見せていたお子さんも、おててスタンプや共同制作の時間を通して、絵の具に慣れ、楽しめるまでになっているのですね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る