フィンガーペイント

  1. 親として大切なことは「指導力」ではなく「見守る力」

    親として子育てで大切なことは「子供への指導力」ではなく「子供を見守る力」だと、私はクラスを通して日々感じています。「ああしなさい!」「こうしたほうがいい!」と親が良いと思う方向へ導くことは、子供は求めていないのです。

    続きを読む
  2. あれから1年。フィンガーペイントアートクラスの動くクレイロゴ。

    ちょうど1年前の6月29日、私たちの教室のクレイロゴが完成しました。まだたったの1年前なのか・・・という驚きと、完成までそう言えば色々とあったな~・・・という懐かしさ、たくさんの方の思いと協力がカタチになった。そんな大切なロゴ。

    続きを読む
  3. アート系の教室って、2歳児にはまだ難しい?

    「アート系の教室って、2歳児の我が子には難しいでしょうか?」先日、こんなご質問をいただきました。フィンガーペイントアートクラスは、「絵を教わる、学ぶための教室」ではなく「描くことを楽しむための教室」です。2歳のお子様にもお楽しみいただけますよ。ご安心くださいね。

    続きを読む
  4. 【開催レポート】フィンガーペイントで彩る「紫陽花」:2018年6月恵比寿開催

    6月18日は、恵比寿教室でフィンガーペイント「梅雨の紫陽花」を開催しました!雨が多い季節ですが、この日は天候にも恵まれ21名でフィンガーペイントを楽しみました♪まずは、今月の絵本のから。

    続きを読む
  5. 自然の変化や季節の移ろいを、ゆったりと感じる心と感性を育てましょう!

    季節感、自然を感じるテーマ。フィンガーペイントアートクラスでは、それらを大切に考えています。自然の中で遊ぶ。季節感のある暮らし。当たり前のようでいて、現代の子育て環境からは、こういったことが少しずつ失われているようにも感じています。

    続きを読む
  6. 【スタッフ日記】いつまでも飽きずに遊べる浜辺の砂遊びとフィンガーペイント

    家族で潮干狩りへでかけてきました!潮干狩りだけでなく、浜辺の砂遊び、磯遊び。海の風、波を感じて、いつまでも飽きずに遊べてしまう不思議さ。どこかフィンガーペイントにも似ています。

    続きを読む
  7. 捨てるのはもったいない!短くなったクレヨンを使った「リメイククレヨン」の作り方

    こんにちは。小宮山です。使っているうちに、短く小さくなってしまったクレヨンはありませんか?我が家にも、短くなって使いづらくなったものがたくさん。

    続きを読む
ページ上部へ戻る